2018年 06月 23日 ( 9 )

 

2018年6月23日 「呪われた土地の物語」 オリヴィエ・ル・カレ+シビル・ル・カレ

本日、6冊目の読了本。

「呪われた土地の物語」 オリヴィエ・ル・カレ+シビル・ル・カレ (河出書房新社)

河出もいろんな本を出すね?

日本からは「呪われた土地」として青木ヶ原が登場しております。

[PR]

by maiuMY | 2018-06-23 18:18 | ルポ・ノンフィクション | Comments(0)  

2018年6月23日 「黛敏郎 古代と現代を極めた天才」

本日、5冊目の読了本。

「黛敏郎 古代と現代を極めた天才」 (ヤマハミュージックエンタテイメントホールディングス)

黛敏郎という人は思想はさておき、音楽はやはり素晴らしい。

おいらの中では武満徹の方が(現代音楽も映画音楽も)重要だが、その次くらいに好きかも。

MOOKながら、ヤマハの本らしく真面目な1冊である。

[PR]

by maiuMY | 2018-06-23 18:14 | ジャズ | Comments(0)  

2018年6月23日 「デジタル資本主義」 此本臣吾

本日、4冊目の(未)読了本。

「デジタル資本主義」 此本臣吾 (東洋経済新報社)

駄目だ、頑張って読み続けていたんだが、断念。

興味ないわ。。。。。。

[PR]

by maiuMY | 2018-06-23 18:08 | ルポ・ノンフィクション | Comments(0)  

2018年6月23日 「かくれキリシタン」 後藤真樹

本日、3冊目の読了本。

「かくれキリシタン」 後藤真樹 (新潮社)

結構面白い。

かくれキリシタンというのは面白い題材。

写真がきれいです。

[PR]

by maiuMY | 2018-06-23 18:06 | ルポ・ノンフィクション | Comments(0)  

2018年6月23日 「アウトロー臨終図鑑」 山平重樹

本日、2冊目の読了本。

「アウトロー臨終図鑑」 山平重樹 (幻冬舎アウトロー文庫)

タイトルは山田風太郎の「人間臨終図鑑」から取ったものだろう。

なかなか面白い1冊。

中ではポール牧にびっくりするが、何と現役のヤクザの親分と義兄弟だったそうだ。

すごいな!!!

選挙出馬を断る台詞もカッコ良い。

[PR]

by maiuMY | 2018-06-23 17:36 | ルポ・ノンフィクション | Comments(0)  

2018年6月23日 「本格からHONKAKUへ」 島田荘司

本日、1冊目の読了本。

「本格からHONKAKUへ」 島田荘司 (南雲堂)

新本格派の面々は法月綸太郎を頂点に、各々、評論もなかなかのレベルの方が多いし、笠井潔は結論にはなかなか納得できないがそれでも論客であることは認めざるを得ないのだが、島田御大はなぁ・・・・・・

もう評論は止めた方が良いんじゃない?

[PR]

by maiuMY | 2018-06-23 17:31 | 探偵小説 | Comments(0)  

2018年6月22日 「東大教授が挑むAIに『善悪の判断』を教える方法」 鄭雄一

昨日、3冊目の読了本。

「東大教授が挑むAIに『善悪の判断』を教える方法」 鄭雄一 (扶桑社新書)

う~ん。。。。。。

何かなぁ。

底が浅いよなぁ、こりゃ・・・・・・

[PR]

by maiuMY | 2018-06-23 17:27 | ルポ・ノンフィクション | Comments(0)  

2018年6月22日 「世界の未来」 エマニュエル・トッドほか

昨日、2冊目の読了本。

「世界の未来」 エマニュエル・トッドほか (朝日新書)

期待が大きすぎたのか、イマイチかな?

エマニュエル・トッドは反・新自由主義というのは判るし、ところどころ鋭い部分もあるが、結論がこういう風になっちゃうのか?という意味では吉本隆明の「オウム擁護」論を少し思い起こすな。

後の方々もまあ当たり前過ぎる感じはある。

[PR]

by maiuMY | 2018-06-23 17:25 | ルポ・ノンフィクション | Comments(0)  

2018年6月22日 「あぶない叔父さん」 麻耶雄嵩

昨日、1冊目の読了本。

「あぶない叔父さん」 麻耶雄嵩 (新潮文庫)

初読時にあまり良い評価をしていないな、おいら。

再読したらまあまあじゃないの。

何であんなにきつい評価だったんだろ?

まあ麻耶雄嵩に対する事前の期待値がかなり高いというのと、この作品の読者を放り出したような宙ぶらりんの感覚に耐えられなかったんだろうか?

でもそれじゃあ麻耶雄嵩を読む意味ないよな。

まあ確かに細かいところに限れば、ミステリーとしてはいちゃもんをつけたい部分はある。

そこらあたりが初読時の低評価の理由かなぁ。

[PR]

by maiuMY | 2018-06-23 17:21 | 探偵小説 | Comments(0)