2018年5月12日 「死の快走船」 大阪圭吉

本日、2冊目の読了本。

「死の快走船」 大阪圭吉 (光文社文庫)

他の本を読む合間に一編ずつじっくりと読んだ。

甲賀三郎と一緒にパッケージされていて、タイトルが「甲賀三郎 大阪圭吉 ミステリー・レガシー」なので地味な感じになってしまっているが、何と何と、あの「死の快走船」が乱歩と甲賀三郎の序文つきでまるごと復刊されているのである!

これを快挙と言わずして何を快挙と言うのか。

内容は文句のつけようがない。

確かに今回、初復刻された二編のうちの一編、「なこうど名探偵」なんて、まるで落語のようなコントまがいであるが、このタイトルが最後に腑に落ちるところは面白いし、まあ快挙なんだから細かいことは言いっこなし。

よく復刻されている短編がやはり見事だが、それ以外の短編も良いです。

この後、どういうラインナップなのかなぁ?

個人的には島久平の久保書店シリーズ、一挙収録なんかリクエストしたいんだけど。(おいらは1冊しか持っていない。後、昔のミステリー文学資料館では開架資料だったので、その場で2冊くらい読んだ記憶が)

[PR]

by maiuMY | 2018-05-12 12:02 | 探偵小説 | Comments(0)  

<< 2018年5月12日 「現代暴... 2018年5月12日 「最後に... >>